ご案内①

「第8回チャレンジド就労支援・ドローン講習会」=障害を持つ子供達への「仕事としてのドローン」講習会

9月18日(土)、ユニバーサル・ドローン協会(UDrA)として、「神戸しあわせの村」において、「第8回チャレンジド就労支援ドローン講習会」を開催しました。

発達障害で映像のしごとを目指す弘樹くん、足でパソコンやドローンを操る中学生みゆうちゃん、音声入力で操縦にチャレンジする全身麻痺の伸治くん、という障害像も年令も個性も違う三人のチャレンジドとファミリーの皆さんが、神戸の誇る福祉ゾーンである「しあわせの村」に集合し、座学と実技に取り組みました。

国交省の「無人航空機の飛行に係る許可」を得て、自立と就労に生かすための講習会で、10時間の飛行経験が必要とされているため、ユニバーサル・ドローン協会(UDrA)として講習会を開始したものです。

弘樹くん、みゆうちゃん、伸治くん、そしてファミリーの皆さんが、真剣かつ瞳をキラキラさせて講習に取り組んで下さる様子に、鈴木会長そして事務局長ナミねぇは、講習許可をくださった神戸市と、しあわせの村の運営者の皆さんに心から感謝しつつ、第1回講習会を無事終えることが出来ました。

ドローンは、これからますます多分野で活躍する仕事のツールなので、チャレンジドのドローン技術者育生に、しっかり取り組んでい行きたいユニバーサル・ドローン協会(UDrA)です。

活動へのご支援、ご協賛を、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
☆ by ナミねぇ ☆

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました