『宙に浮く「ドローン仏像」がついに実現 技術で進化する仏さま』という引用です。

『連綿と受け継がれてきた仏教の教えを、今の時代に合った形で人々に伝えるにはどうすればいいのだろうか。仏像を彫る仏師という立場から、新しいテクノロジーを積極的に取り入れて、この課題に取り組んでいるのが土御門仏所(京都市)の三浦耀山氏だ。
カプセルトイとして気軽に手に入れられる仏様や、ドローンに乗って宙を飛ぶ仏像などを生み出し、人々が仏像と関わる場を広げようとしている。』

というお言葉なのですが…けたたましく飛び回るドローン仏さまに(僕は)手を合わせるのは躊躇してしまいます。不敬でごめんなさい。。いや、此処からの進化形に期待します。合掌。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました